こんにちは!
たけのこ整骨院の神成です。

先日お休みだったので買い物にいってきました♪
長い間ローファーで歩いていたせいか買い物中に股関節が痛くなり、
「なぜ股間節が痛くなったのだろうか?」と考えた結果、歩き方が原因だと感じたので
今回は正しい歩き方について紹介したいと思います。

歩き方は生まれてから自然と行う動作なので、正しい歩き方はなかなか習わないですよね。
街中でも正しい歩き方をしているひとは少なく、猫背で腰が落ちている人や、がに股や内股の人が多くみられます。
なぜそのようになってしまうか言うと「姿勢が悪い!」のもありますが、一番は歩き方に問題があるのです。

本来、歩くときに踵からついて小指側から親指側へ、拇指球から指先へと力が伝わりますが、それがうまくできず、
内側よりやベタ足で歩くことによって外反母趾、偏平足の原因になったりします。
この原因によって足首への負担が強くなって悪くなることや、膝、腰に影響を与えて悪くします。
さらに体のバランスが崩れてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうならない為にはどうしたらいいのかというと…
まず靴選びですね。長時間歩く場合は必ず歩きやすいスニーカーを履くこと。
足を地面に着くときはまず踵をつくのですが、極端に踵に意識して歩行を続けると良くないので、
踵から100%に「ドン!」と着くのではなく、50%ぐらいのイメージで歩きましょう。
あまり難しく考えずに、膝を上げ足裏全体でフワッと着地する感じですね。

イメージするのが難しいときは、一度後ろ向きで歩いてみてください。
そうすると歩行の逆再生になり足裏の接地面がわかります。
指先→拇指球→小指側→踵の順番になりますので行う際に、バランスが崩れる場合は普段の歩行が悪いと言ってもいいでしょう。

しっかりと踵、指の付け根、そして最後に指で踏ん張ってまっすぐ後ろに蹴りだすこと。
そうすれば体重の体重移動がスムーズにできて歩行が楽になります。

歩き方が身体全体のバランスに影響してくるので、普段から正しい歩き方を意識してください!