こんにちは!鍼灸師の根本です。たけのこは日曜日も診療しているので、昨日も予約でいっぱいでした。

トリガーポイント鍼療法

今日はバレーボールの選手で右肩に痛みがある方の症例を紹介します。

 
そもそも肩を動かす筋肉は細かく説明するとたくさんありますが

外転で三角筋・棘上筋・前鋸筋・僧帽筋

外旋で棘下筋・小円筋・三角筋などの筋肉が働きます

これらの筋肉が何かしらの原因で硬くなってしまうと

痛みや可動域制限が出ます
その患者さんはスパイク時に肩の前側が痛むということで

動きを確認したあとに

三角筋・棘上筋をメインで鍼の治療をしました。

 

肩周りの筋肉は指だけだと奥の硬さまで届かないのですが

鍼ならば奥まで施術ができるかつ即効性もあるので

肩周りの疾患にはとても効果的です

治療の効果もあってかその患者さんは無事バレーボールができたそうです♪
もちろん肩以外にも

なかなか変わらない痛みや急な寝違いや

ギックリ腰にもよく効くので、お困りの方は是非ご相談ください。