今日は西大島たけのこ整骨院の柔道整復師の大西です

今日はむち打ち症についてのお話しです
発生原因としては、頚が鞭のように
しなることで、頚周りの筋肉が傷つく障害です。

大部分は交通事故が原因で起っています。
交通事故による「むち打ち症」の約7割は、
筋肉や靭帯を損傷する「頚椎捻挫」と言われます。

 

症状は頚の可動域制限や痛み、上肢のだるさやしびれが現れます。
ただし、症状が軽いから放っておくと、治癒に長い期間が
かかることがあります。
頚は重量がある頭部を支えているので、負荷を受けながら
「むち打ち症」を治療になるので時間が必要になります。

そのためにも早期治療をお勧めします。
当院ではMPF療法を用いて頚の痛みの原因の筋肉に対してしっかりと刺激を与えることで
治癒力の向上と痛みの抑制を促し、早期の治癒を目指しております。
交通事故の治療の相談があれば西大島のたけのこ整骨院までご連絡下さい。