こんにちは!!
たけのこ整骨院の神成拓哉です。
今回は院内の触察勉強会で学んだことを載せようと思います。
今回の筋肉は、胸筋、三角筋でした。

胸筋は大胸筋と小胸筋に分かれ、大きさも違います。

日常生活では、
胸の前で物を抱き合上げる動きやうつぶせの状態から身体を起こし上げる動きの時の使います。
スポーツでは
野球、体操、ボクシングなどの各種競技スポーツにおいてはとても重要な筋肉です。

また胸筋が縮んで弱っていくことで肩こりや、猫背の原因になることもあります。
なので、トレーニングが大事になってくるんです。

三角筋は肩を覆う表層にある筋肉です。

日常生活では
腕や肩を動かすときに使います。
スポーツでは
バーベルを持ち上げる動きや、ランニングで腕を振る動きなどあらゆるスポーツに関係してきます。
肩の筋肉も重い頭を支えているので、三角筋も肩こりの原因になる筋肉です。
ここの筋肉もトレーニングが大事ですが、
トレーニングを行う前後にストレッチをすることも大事です。

いつも実際にの筋肉の走行を書いて勉強しています。
人によって筋肉の形や厚さ、太さも変わってくるので毎回とても勉強になっています。
これからもしっかり勉強をして、みなさんの痛みを改善できるように頑張ります(^O^)