こんにちは!たけのこ整骨院の若木美里です!

まだまだ厳しい寒さが続きますが、皆さまいかがお過ごしですか?
三が日を過ぎても お休みモードから気分が抜け出せず、倦怠感が続く方もいると思いますが、まずは、早めに寝るなど身体のリズムを整えるところから始めていきましょう( ´∀`)ノ

さて、前回のブログでは頭痛の種類として、筋緊張性頭痛をご紹介しました。
今回のブログは、群発性頭痛についてです。

 

<群発性頭痛とは?>
・1~2ヵ月間に集中してほぼ毎日起こる。
・片側だけの目の奥や周囲に痛みを感じ、上あごのあたりや頭の片側へと拡がる。

・痛みの程度は、目の奥がえぐられるような激痛!
(痛みのあまり自殺を考える人もいるぐらいで、別名自殺頭痛と呼ばれる)

・1日に1~2回起こり、1回の痛みは15分から3時間続く。

・1000人に1人ほどの有病率で、20~40歳代の男性に発症することが多い。

群発性頭痛は、なぜ起こるのか、いまだに解明されていません。ですが、流涙や鼻汁など自律神経症状を伴うため、予防法として、普段から自律神経を整えることが大切です。

特に、多裂筋や最長筋など、背中の筋肉が硬いと自律神経も乱れやすくなるので、背中の筋肉をしっかり柔らかくすることが必要となります。(多裂筋は深層にあるため、奥までしっかり刺激が入る鍼治療もお勧めですよ(*^^*)

頭痛はたくさん種類があり、中には脳腫瘍など命に危険を及ぼすものもあるので、「頭が痛いな」
と感じている方は、お気軽にたけのこ整骨院まで、ご相談ください!