メリークリスマス

大島から見るスカイツリーも
クリスマス仕様になっている
今日この頃、お体の調子は
いかがでしょうか。

皆さんは「スマホ首(ストレートネック)」という言葉を
ご存知ですか?
最近、日本人の8割が発症している新国民病として話題になっています!
スマホ首というのは、頸椎のゆるやかなカーブが失われてしまった状
態のことを指します。
ゆるやかなカーブが失われると、クッション機能が失われて頭の重みが
頸椎にかかります。

頸椎の関節には多くの神経が通っていて、それが頭の重みで圧迫されると肩こりだけでなく、
頭痛やめまい、手や腕のしびれ、自律神経失調症などの症状が現れます。

「自分はどのぐらい、スマホ首が進行しているのか?」簡単にチェックできる方法があります!
壁に背を向けて立ってみてくだい。体に力はいれずに、いつもどおりの自然な姿勢で。
「後頭部」「肩甲骨」「お尻」「かかと」の4点が、無理なく壁にピタッとつくのが「正しい姿勢」です。
後頭部が壁につかないなら、スマホ首になっています!

正常       スマホ首

★軽度のレベル★
普通に立つだけでは壁にはつかないが、わずかな隙間。多少力をいれたらすんなり壁につく。
★中度のレベル★
普通に立つだけでは後頭部がつなかい。後ろに意識をしたら何とか壁につく。
★重度のレベル★
首と頭が大きく前に出ていて、頑張っても壁につかない。

以上のことに心当たりがある方はたけのこ整骨院までご相談ください。

次回はスマホ首の簡単な対策方法を紹介します。