春一番も吹き、桜の開花も気になる季節になりました、
気温の急な上昇で体調を崩しやすくなりますが、
お身体の調子はいかがですか。

今日は交通事故後の腰痛について書きます。

40代 男性
車対車の側方からの衝突で腰を
痛めた患者さん

事故直後は朝の起き上がりの痛みや日常生活に支障があり、
休業中でした。
症状として脊柱起立筋の多裂筋と最長筋の骨盤付着部の筋肉が
強く緊張していました。

治療当初は週3回のMPF療法を行うことで治療後は痛みはなくなりましたが、
翌朝には痛みの強さは減少するが痛みが残るので、
痛みの真の原因が深部にあると考え、より深部に刺激を入れることができる
トリガーポイント療法との併用を受けてもらい。

周3回のMPF療法と週1回のトリガーポイント療法での治療の結果
ひと月で見違えるほどに筋肉の緊張が取れ、痛みも引きました。
若干、日常生活で多少違和感を感じる位まで状態は落ち着き
仕事も行えるようになりました。

今は残りの違和感を取るために周3回のMPF療法を行っています。

交通事故は早めのケアが大切です。
遅くなるとそれだけ治癒が長くなり、後遺症が
出ることがあります。

西大島のたけのこ整骨院ではMPF治療法では
より早く筋肉の緊張を緩めることで血流を良くしていき
痛みを取り除きます!
ぜひご連絡下さい。